1883年よりアントニオ・パスクッチはビジネスに専念し、様々な品目を取り扱う小さな会社を設立しました。中でも、やがて情熱を注ぐことになったのが植民地コーヒーです。

1935年、アントニオに長年仕えた息子のマリオは、モンテ・チェリニョーネに妻のドミニカがマネジメントする家族経営の店を開きました。終戦後には、マリオの兄弟がカフェバーを開き、初めてエスプレッソコーヒーマシンを導入しています。当時の店の名物メニューは、コーヒーとシャーベットでした。

1950年代、パスクッチ・ファミリーは焙煎のプロセスを産業化し、ファミリー初の生産工場を稼働させ、焙煎を均一に行うため、エスプレッソコーヒーの抽出に間接焙煎機を導入しました。

1975年、ファミリーは「最高品質のコーヒーのみ」提供することに全身全霊を捧げ、自然栽培のアラビカ種とロブスタ種のウォッシュドをブレンドしました。こうして誕生したのが「エクストラバーマイルドブレンド」です。甘くアロマ香る黄金のブレンドは、エスプレッソコーヒーのテイストを作り出しました。

1996年、ファミリーはエスプレッソとコーヒーのレシピに特化した職業訓練センター「エスプレッソスクール」を設立しました。

パスクッチ・ファミリーは、イタリア国内のみならず世界レベルで出店を続け、現在は25カ国に支店があります。

STORIA-Dino-1280-x-475-min-1_edited_edit

PASCUCCI HISTORY

Pascucci began in 1883, when a pioneer in the coffee trade, Antonio Pascucci, began to venture out to distant lands to purchase fresh coffee. Antonio then brought the fresh beans back and roasted them in Monte Cerignone, located on a mountain top on the Italian Riviera. 

 

Since then, Pascucci has developed into a global phenomenon with over 700 worldwide locations. Pascucci takes great pride in ​having some of the most renown specialty coffees in the world, having won numerous prizes for their optimal selection. 

 

Pascucci continues to be a pioneer today by bringing the quality and traditionalism of Italian coffee and combining it with innovative concepts to convey a refreshingly classical but modern experience of the Italian Caffè to Japan.